シミウスジェル ニキビ

シミウスジェルはニキビにも効果があるのでしょうか?

マスコミや雑誌でで話題のシミウスジェルは、ニキビにも効果があると評判のジェルです。

 

 

オールインワンタイプですのでお手入れの手間がかかりませんし、これ一つで化粧水・パック・化粧下地・美白・保湿剤・アイクリーム・乳液・マッサージ・美容液・クリームの役割を果たしてくれますので非常に効率的です。

 

含まれている有効成分はグリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸であり、11種類の植物エキスも配合されています。伸びが良いので肌に馴染みやすく、バリア機能の弱った肌でも優しくケアを行うことができます。

 

ニキビに対して有効なのは、グリチルリチン酸ジカリウムです。
この成分は抗炎症作用を持ちますので、炎症性のニキビを鎮めるのに役立ちます。

 

また、ニキビが原因で色素沈着ができてしまった場合には、グリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスがよく効きます。
この成分は美白に効きますので、色素沈着部分を少しずつ薄くしていくことが可能です。

 

ニキビにも効果のあるジェルではありますが、ニキビができている時のお手入れに使用する場合には肌をマッサージしないようにすることが大切です。
マッサージの摩擦によって肌に負担がかかってしまうとニキビが悪化してしまう原因になってしまうので気をつけましょう。

 

 

シミウスジェルの成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の効果

 

 

シミウスの成分「ジェルグリチルリチン酸ジカリュウム」は抗炎症作用があって、肌の炎症などをとどめることができます。
敏感肌用の化粧品などにも配合されてるため、名前を聞きまやったことのある人もいるのでしょう。

 

グリチルリチン酸ジカリュウムは甘草の根に含まれる成分であって漢方の原料としましても知られているのです。
古くから抗炎症剤として広く用いられてきた成分であり、化粧品だけでではなく抗アレルギー薬や風邪薬などにも使われています。

 

炎症を伴うニキビの症状を緩和することの方が出来るのですけど、現在炎症が発生してる場合はドクターに相談してから使った方が良いでしょう。
ジェルグリチルリチン酸ジカリュウムは過剰摂取してしまうと副作用のリスクもあるのです。
グリチルリチン酸ジカリュウムの副作用としては、ステロイド剤と同様に免疫抑制作用によって、かゆみや炎症に効果をもたらすこともあります。

 

しかしながら、シミウスジェルに配合さているグリチルリチン酸ジカリュウムは量が多くないので、そのような心配はまったくないと言えるでしょう。

 

 

シミウスジェルの成分「アルニカエキス」の効果

 

シミウスジェルは人気の高い美白化粧品であり、その成分にアルニカエキスなどが配合されています。

 

シミウスジェルのアルニカエキスはどのように作られるのかということですが、このエキスの原材料は山地の牧草地に生えるキク科植物のアルニカの花や根かとなっています。

 

アルニカエキスは淡黄色から褐色の液体で少しだけにおいがあります。
カロチノイドやタンニン、サポニンなどの成分が含まれており、フラボノイドなどの抗酸化物質を含んでいることも特徴です。

 

シミウスジェルのアルニカエキスはハーブの一種であり、他のハーブと一緒に使うことで相乗効果が得られると言われています。
消炎効果や抗菌作用、鎮静効果、保湿効果、血行促進などの効果がありますし、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを改善することができるでしょう。

 

育毛にも効果があると言われていますし、ボディー用マッサージクリームやうがい薬として使われていることもあります。
抗炎症や刺激緩和などに役立つ成分であり、アトピー性皮膚炎や敏感肌用の化粧品などに使われています。

 

シミウスジェルは人気の高いオールインワン化粧品であり、毎日のスキンケアにかける時間を短縮することができます。
オールインワン化粧品といってもいろいろありますが、商品によっては肌への刺激が大きいこともあります。
しかし、この化粧品なら安心して使うことができるでしょう。

 

 

シミウスジェルの成分「オトギリソウエキス」の効果

 

シミウスジェルの成分「オトギリソウエキス」は、肌を引き締める収れん作用や肌をしっとりさせる保湿効果、菌の繁殖を抑えて炎症を鎮める作用などがあり、ニキビができやすい肌や乾燥肌、年齢肌のケアに効果的です。

 

オトギリソウは日本にも自生している植物で、夏になると黄色の小さな花を咲かせます。大きく成長すると60cmほどの大きさになり、花や茎、葉はハーブティーや塗り薬として利用されてきました。

 

メラニンの生成を抑制する働きがあるので、日焼け止めクリームにも配合されています。オトギリソウにはポリフェノールの一種になるタンニンが多く含まれています。

 

ワインや柿の葉などにも含まれているタンニンは、皮を柔らかくして加工しやすくする「なめし」に利用されていました。
タンニンにはタンパク質と結合して柔らかくする性質があり、肌に対する効果では毛穴を引き締めてキメを整える働きがあります。

 

またオトギリソウには、繊維芽細胞を活性させる成分が含まれているため、肌に弾力を生み出すコラーゲンの生成を高める効果が期待できます。

 

抗酸化作用や抗炎症作用を持つことから、肌の衰えが気になった時に最適な成分です。
保湿力にも優れていて、刺激も少ないため、敏感肌のための化粧品にも多く使用されています。